missing tragedy

+ M E M O +

『cock-and-bull……¡』完結御礼と今後について
 こんにちは。島田です。

 完結後の御礼が遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。
 明日はワールドカップ日本戦ですね!
 サッカー観戦が好きなのでわくわくしております。(ちなみに詳しくはないです。)



 さて。まずは改めまして。先日、拙作『cock and bull……¡』(副題:~呪われ王子は幼馴染み薬師を手放せない)が完結致しました。
 お読み頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 35話にて本編は完結。本日追加で投稿した36話『ex.)) 閑話休題』にて、ひとまず二人の物語は終わりとなります。

 20万字近い作品となりました。出来はともかく。まずは完結できて良かったです。


 完結記念として先日、イラストも一枚upしております。
 後日、余裕があれば趣味に走った(気を抜いて)手癖のみで描いたエリスの絵や他キャラ絵もupしようかと思っております。
 自分の絵は綺麗な絵や格好いい絵ではないのでジャンル違い感が凄いですのでFA的な感じで見て頂ければと。


 今作も未熟な点ばかりでした。ジャンル的な人気や需要以前に、シナリオ的な観点から見ても文章技巧的な観点から見ても、ご満足頂けたか正直自信は無いです。

 謙遜でも卑下でもなく、客観的に出来は良くないと思うんですよね。
 ですが、読んで下さってる方には申し訳なさを感じつつも、大変楽しく書けました。
 本当に本当にありがとうございました。

 誤字脱字、辻褄の合わない所もあったかもしれません。なるべく抜け落ちなく描いたつもりですが、誤りや齟齬がありましたら申し訳ありません。(もし気になるところありましたら、そっとお伝え下さいませ)


 反省点や改善点はありますが、それらは次に活かして。これからも楽しく執筆出来ると良いです。


 以下は出せなかった設定(の一部)や伝わっているか不安な点、反省点やらです。



△設定など。前と被っているかも……? 完全なる蛇足、備忘録です。

〇魔鉱石と効貴石。魔石と人工魔鉱石。

 実は魔鉱石と効貴石は極々近い別物です。魔力や魔法等との反応、効力を保つ管理条件も異なります。
 魔石は基本、魔術師が時間をかけて単独で魔力を込めて創る人工物か、特殊な環境下で変異した石を指します。
 前者は能力の高い高位の魔術師でなくとも創れますが、毎日継続しなければならず、かなり時間がかかります。

 魔術師の創る魔石そのものには複数種類(電池のように魔力のみ込められている、電池内蔵機械のよつに魔力と魔法発動/反応がセット、ぜんまいで動くもののように魔力という動力がなくとも魔法発動可能、現存する石を加工、そのものを生み出すetc)があり、ノアはこれでエリスへのペンダントを三年かけて創ってます。

 ちなみに魔鉱石含めて魔石の融合、消失、顕現の法則は決めてあり、それに則って描写してました。またゲームの勝敗のコツは多分なので……絶対かの自信は全然ないです。ふんわり読んで下さい。

 エーミールと対峙した際にも魔石の変化等は一応描かれてます。


〇洞窟と王城

 洞窟は古代の遺跡で、土地そのものに特定の物を変化させる能力があります。ものすごく強い磁場(?)のようなものだと思って頂ければ。
 奥の壁に刻まれているのは、洞窟の石の変化についてが主です。
 と言うより、この世界の魔力同士の関係性のようなものが書かれています。ふんわりですがモデルはあります。
 古の人々は不思議な石に神々の意思や祖先、伝説を感じたのではないかと思いながら書いてました。

 洞窟内の魔鉱石が三年半前は夜のみ光り、現在は昼夜問わずに光っているのは莫大な魔力を保持するアメリアが近くに住むからです。魔力の種類によりなので、アメリアと同等の魔術師が近付いたとしても、必ずしも活性化し昼夜も光るようになる訳ではない……のように考えてました。

 三年半前にノアのペンダントが消滅したのは、アメリアの死が原因ではなく、彼女が瀕死に近い状態に陥った事が原因です。一時期は記憶を無くしていました。
 王城の地下にも洞窟と同じように魔法の影響を受ける場所があります。こちらは人工。ナールが囚われ、ノアも一時期は住んでました。


〇三年半のノアの動きなどなど。
 すぐに王城に向かう。途中でカルロ達からの迎えと合流。城へ。
 王城では王城内客室
→(エリスの元へ帰ろうとして)地下牢。ナールと直接接触

→(可哀想なので次兄のジーニアスが拘束/監禁/城外の人物への接触禁止魔法をかける。ジーニアスの定めた法への破り度合いにより、ノア本人及び、最愛の人へ本人の半分程度?被害が及ぶ。破らなければ普通に過ごせる)自室。
 脱出や魔法での連絡、手紙や伝言等、介する手段や人数を変えて何度もエリスに接触しようと試みている。その度に高熱や激痛等で死にかけている。
 エリスの様子はエリオットを通して個人的に植物の者に頼み、聞いている。

→ナールと契約を交わし地下牢から彼を解放。ジーニアスの魔法も自力で解き、兄の顔をたてる為に洞窟調査の話を請け負う。(一時的に解いてもらうという体だったが、ジーニアス本人には当然バレてしまう)
 請け負うと言ってもカルロにサラの話を持ち出してもいる。

→ナールと共にミニアムへ。

という感じです。

 またエリスにノアからの伝言だと嘘をつき、お金を渡したのも実は様子見に来ていた植物の人です。
 ジーニアスからエリオットへ指示、部下が実行した感じだと思います。

 この人物は途中でかなり設定や話への関わり方が違った人物でした。名前もありました。
 サラの様子(監視)を請け負ったこともあり、途中で命を落とすのは本編と同様です。
(描かれてないのですが、別件でノアと任務を遂行中に亡くなってます。またそれがノアの軽いトラウマにもなってます。)

 ただ当初の設定ではノアの部下となり、ノアの為を思い独断でエリスを切る。
→ノアに許されるものの、再会後に効貴石の探りを入れる件で殺されノアがめちゃくちゃ打ちのめされる。
→エリスと共に前を向く。

という割とキーマン的な役柄でした。
 尺の関係からなくなってしまいましたが……。

○五大家について
 ここ、もう少し描きたかったんですが、本編にほとんど影響がないので省きました。
 ちなみに王家直属の部隊は『植物』『動物』『鉱物』三つがあり、『動物』のみが公(?)に噂となってます。公式では無いけれど、貴族の間では噂されている的な感じです。

○魔法/魔法契約/悪魔契約について
 ある程度詳しく設定してあるのですが、同上から割愛。

○効貴石を利用した組織について
 作中ではその後の描写がなく、放っておかれている感じになっていますが、対策等は随時されています。ただ、組織壊滅までは国が複数絡むのでなかなかうまくいかない感じです。事件を未然に防ぐ……程度の事しかまだ出来てません。

○植物(プランツ)内部について
 割と中規模(40~50人位)な組織です。お互いを知らなかったり、そもそも組織の一員だとまだ知らされてない人物もいます。
 その中でエリオットはそこそこ偉い(?)です。王や王子と直接のやり取りがあるので。
 コードネームがあり、本編最後にサラのコードネーム『ローエル』をノアが引き継いでいます。
 植物の人間の九割は名前がなくなります。



 これくらいでしょうか?




 本当にお付き合い頂き、ありがとうございました。感謝しかありません。

 話は変わって、次ですが。おそらく全年齢を複数本書く予定です。それぞれ二万文字程度、今の所三本。

 ジャンルが大きく変わってしまうので(女性向けライト文芸?/ファンタジー少年?向け/ミステリ)ご興味在りましたらどうぞ。
 個人サイトに掲載もしくは公募→投稿サイトに転載の流れの予定です。多分……。

 ゆっくりとですが、ご都合あいましたら何卒宜しくお願い致します。

 寒くなってきましたね。どうか温かくしてお過ごし下さいませ!
2022/11/26(Sat)
更新&いいねボタン設置
 こんにちは。
 先日、連載作の『cock~』の最新話を更新致しました。
 次話及び、投稿サイトへの転載は来週予定です。あと数話でおそらく完結です。

 また試験的にいいねボタンを導入しております。拍手ボタンのような感じかと。

 次回作などにつきましては、最終話更新と共にお話しできればなぁと思っております。

 ところで今作も、
「厨二病全開で大丈夫?」「格好良いヒーローが創れない事は承知していたけれどまたヘタレてない?」「脇役が濃いね……??」「ご都合主義的な要素をどうやって誤魔化……そ、創作だしそこはある程度いいかな?」「読者様に楽しんで貰える?? こんなに長いのに大丈夫?? つまらないものに時間を割かせて不快にさせてしまったら申し訳なさ過ぎる!」

等と……。ふと正気に戻っては七転八倒(?)悶絶しておりました。

 誰かの何かになると良いです。
 ならなかった時はお時間割いてしまい誠に申し訳ない……。


 ではでは。今暫く『cock and bull……¡』の”信じれないような、たわいもないくだらない話”を宜しくお願い致します。
(今更英訳を間違えていたらどうしようかと、英語が苦手な島田は怯えております。)
2022/11/20(Sun)
更新しております。
 こんばんは。11日と本日と、『cock and bull……¡』31話、32話更新しております。

 現在、エピローグ部分を執筆中です。諸々の結末や説明しきれてなかった部分の説明などなど。ここ数話で何度かそうかと納得したり驚いて(?)貰えると良いなぁ、ヒントやフラグに気付いて貰えますように!とドキドキしながら書いております。

 週末にもう一話くらい更新できると良いです。
 また投稿サイトの方にも順次、転載予定です。
 
 あと、物凄く個人的な企みとして。完結記念にイラストを描く予定です。完全な自己満足その2です。(その1は本編そのものですね……)
 Twitterとこちら個人サイトに載せる予定ですが、正直とても申し訳なく、恥ずかしくもあります。
 単純にあまり上手くないのもあるのですが、1番は絵柄がジャンルに似合わぬ童顔な事……違和感を持たれる方もいらっしゃると思うので、事前にお詫び申し上げます。

 また自己満足その3として、『cock and bull……¡』を紙の同人誌にする予定です。
 もちろん、Webの引き下げ等はありません。因みに頒布もなく、ただ単に私の手元に紙の成長記録として残すためだけに作る予定です。あとジャンルが全く違うのに、毎回薄い本を贈ってくれる友人に押し付け……いえ、捧げる為に2冊のみ刷る予定です。

 特にここでお伝えする必要はないとは思うのですが、宣言しておかないと怠惰な自分が先延ばしにしそうなので。
 
 紙の本はこう、在る!という感じが精神衛生上、とても良い効果を生む気がします。
 あと少数部の同人誌(記録用)は、裏設定メモを付けたり、装丁を凝ったり、漫画と小説の抱き合わせで作れたり……兎に角楽しいんですよね。
 毎回自分の為だけに作っては、優しい友人にも渡して……それで終わってます(笑)今回も楽しみです。

 ではでは。これから本格的に寒くなるようです。インフル等も流行ってきますね。
 皆様もどうか温かくしてお過ごし下さいませ。
2022/11/14(Mon)
更新
 こんばんは。本日は皆既月食&海王星食でしたね。皆様は宙を見上げましたか?
 まずは拍手ありがとうございます。励みになります。
 また先日、連載作『cock and bull……¡』の29話、30話を更新しておりました。
 週末にはおそらく、次の更新が出来るかと思います。
 現在は自身の筆力のなさと体調不良に四苦八苦しながらも、ちまちまと書いております。おそらく年内には完結できるかと思いますので、今暫くお付き合い頂ければ幸いです。

 天体観測と言えば、私の中ではBUMPの曲です(年齢がバレてしまう)
 当時はひと月のお小遣いでは1000円越えのCDを買う事が出来ず(実を言うと2ヶ月貯めても無理でした)当然のように漫画好きの私はCDを買う習慣など無く。(大抵少年漫画かファンタジー漫画の単行本に消えるよ!)
 そんな中、CDを購入した友人に「すごくいい曲だから、とりあえず聞いて!」と貸してもらったのが始まりでした。
 その後は妹の方がはまってしまい……シングルCDとアルバムはインディーズ含めて家に(妹の机上に)全部ある、みたいな時代も。懐かしいです。
 今も好きで、新曲も追ってます。執筆の時もよく聞いてます。
 
 ご興味ある方は是非。天体観測はたしか公式でもあがってると思うのでお時間ある時にでも。
 好みかは保証できませんが💦

 ではでは。近くまた、更新できるよう頑張ります。
 朝晩の寒暖の差が激しくなってきました。皆様もどうか健康に気をつけてお過ごし下さいませ。
2022/11/8(Tue)
28話更新しております。
 こんにちは。秋らしくなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 昨日、『cock and bull……¡』の28話を更新致しました。投稿サイトへは後日転載予定です。
 章の題は『こいに惑う』。
 題名で遊ぶのが好きなので、ダブル?トリプル?ミーニングとなっております。多分……。

 また一つお詫びです。
 前回の27話のフェリクスの台詞、大幅に間違っておりました。
 大変申し訳ありませんでした。

 だいぶ迷いましたが、予定していた話の筋と相違があるものの、今更変える訳にもいかないのでこの後の話を微妙に変えることにしました。
 なのでどこかで辻褄が合わぬことになるやもしれません。うっかりしており、本当に本当にすみません。
 もし読んでいらっしゃる方が、読後にその違和感に気付きましたら……大変申し訳ありません。上記の理由からだと思って下さると嬉しいです。(あとそっと教えて下さると)

 書いていて、違和感はあったのですよね……。どうしてこの設定にしたのだっけ?おかしいなぁ、凄く変だ……って、思っていたのに。ろくに確認もせずにそのまま書いた間抜けでございます。やはり熱があるとろくなものが書けないですね。

 完結まで頑張ります。
 個人的な事ですが、完結したら自分用に同人誌(紙の本)にしたいです。

 何卒宜しくお願い致します。

 
2022/10/23(Sun)
更新
 こんばんは。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 体調不良で更新滞っており申し訳ありませんでした。まだヨロヨロしておりますが、短編『dpiの証明』と『cock and bull……¡』27話を更新しております。
 『dpi~』の方はゆるゆるミステリー風味のような、ジェットコースター展開会話劇仕様(当社比)です。
 自分でもあまり良い出来ではないと自覚しているので、広い心で読んで頂ければと、甘えたことを申し上げさせて下さい。
 
 『cock~』の方はきりが良い所での更新となり、短めとなっております。次回は何事もなければ週末か週明け当たりに更新出来るかなと思います。

 何卒宜しくお願い致します。
2022/10/16(Sun)
すみません
 こんばんは。急に冬が近付いたり、夏が舞い戻ってきたりと寒暖差と荒天が続いておりますね。皆様は三連休をどのように過ごされましたでしょうか?

 予定では今日までに2回、調子が良ければ3回は更新出来るかなぁと先月末当たりは思っていたのですが、うっかり。うっかり体調を崩してしまいました。
 なんとか事なきを得そうなのですが、更新が遅れております。大変申し訳ありません。

 予想通り特に何事もなかったので公募に応募していた全年齢の短編と『cock~』の更新を今週末にできたら良いです。
 

 今月初めてのmemoがお詫びのみとなり申し訳ないです……。
 何卒宜しくお願い致します。
2022/10/10(Mon)
更新などなど。
 こんばんは。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 九月ももう終わり……早いですね!
 まずは拍手ありがとうございます。
 
 先程『cock and bull……¡』の26話をup致しました。
 ようやく……な回です。
 9月は様々な事が重なってしまい、あまり書けませんでした。本当に大変な月でした(思わず遠い目をしてしまう)
 10月はもう少し書けると良いです。頑張っていきたいです。
 末位には『cock~』の完結の目処くらいはたてられると良いなぁ。

 ところで、今年もシルクスイートを食べられました! やっぱりすごく美味しかったです。
 これからは芋類では大和芋と里芋等も良いですよね。里芋の入ったお味噌汁や豚汁……鍋に入れても美味しい。大和芋のすりおろしを入れた味噌汁も美味しいです。お腹が空いてきますね。

 それではまた、10月に入りましたら更新しに参ります。宜しくお願い致します。

 
 
2022/9/30(Fri)
更新しております&お詫び(修正について)
 こんばんは。すっかり秋めいてきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 秋が一番好きな季節な島田は嬉しいです。食べ物に紅葉に涼しさに空の美しさ……とても良い季節です。
 週末は再びの荒天になりそうで既に頭痛が物凄い&花粉に怯えてはいるのですが、気分はウキウキです。
(字面にすると完全に怪しい人ですね……!)

 さて『cock and bull……¡』25話『恋か愛か、欲か願いか ②』を更新致しました。
 視点と場面がくるくる変わり少々読みにくいかもしれませんが、何卒宜しくお願い致します。週末か週明けに投稿サイトへと転載予定です。

 また同作の24話とイラスト等を修正しております。
 24話、うっかりしておりまして、粗筋でフェリクスを次男と書いておきながら三男にしておりました。
 兄が爆誕してしまったため、正しい"次男"に修正しております。

 またイラスト等は解像度を調整致しました。大きさがバラバラだったのとかなり大きいものもあったので、縮小・調整しております。

 来週また更新できると良いです。
 何卒宜しくお願い致します。
2022/9/22(Thu)
更新予定、投稿サイトの副題追加や裏話等々。
 こんばんは。皆様いかがお過ごしでしょうか。もう少しで三連休、そして台風直撃ですね。どうか皆様お気を付けてお過ごし下さい。
 さて。更新して満足してしまい、うっかりこちらのご挨拶を忘れてしまいそうなので前もって失礼致します。
 今週末、早ければ明日夜に連載中の『cock and bull……¡』を更新予定です。
 大半が大人向けな回です。作者の島田が凄く恥ずかしいです。
 なんと言うか、ノアは(大人向け、全年齢関わらず)描写する度に、ノア君大丈夫か?読者の皆様引いてない?変態じみていて気持ち悪く思われない??と心配になります。
 今回もかなり心配です。格好良いヒーローが描けないのはジャンル的に致命的だと思ってますが、そこはまあ、読者様も拙作には期待されてないと思うのでまだしも。気持ち悪いと思わせてしまうのは読者様に申し訳ないですし、生み出したキャラも可哀想なので……大丈夫かなぁ……。心配です。

 またお伝えした通り、来月10日過ぎに全年齢の短編を公開予定です。そちらもお伝えし忘れてしまいそうなので今のうちに。

 あとこちらのサイトにはあまり関係ないのですが、投稿サイトの『cock and bull……¡』のみ、副題をつける予定です。
 こちらまで来て下さってる方は別なのですが、投稿サイトで粗筋も下手な上に英語の題名だと内容がわかりにくいかな?と思っての事です。(英語に苦手意識の強い島田だけかも……?)
 多分『呪われ王子は幼馴染みの薬師を離せない』あたりになるかと思います。(元)病んでれ(現)呪われ王子……なども考えたのですが、長いですし、コミカル過ぎるかなと。

 ところで『cock and bull……¡』当初のアイデア時の仮題は『首輪王子と村娘』だったんですよね……。ナールも当初はもっと概念的な感じで、首輪そのものでノアが身につけている……という設定でした。

 ただ流石に王子なのに首輪はちょっと……他の要素を期待したり想像する方が出るかも?とやめました。(ジャンル的にも投稿サイト転載時の傾向的にも、ハードなものを想像されてしまうと申し訳ないので)
 あともっと現在進行形で病んでいて……ノア自身がことある事に裏で身体的に傷付く、エリスの為や国の為にボロボロになるという設定でした。首輪王子の王子とは幸福の王子的な意味合いだったんです。
 お話も二部制で、第一部ではノアが身体をエリスが精神的に困難に→ハピエン、第二部では束の間の幸せと我が子誕生後、突然の事件で我が子を守りエリスは仮死状態、ノアは精神的にやられながらも愛する娘を一人で子育てし必死にエリスの回復の為に奔走……十五年経ち、子供世代とエリスとノアの二人がようやく幸せになる、のような構想でした。
 ですが、国やエリスの為に自傷する設定は後にエリスが知った時に尚更拗れるし、サラやカルロ、ジーニアス等の周りの人間が許さないだろうなぁと、現在の期間限定、致し方のない過去設定に。
 お話の構成自体は長くなりそうなのと、島田が遅筆な事、そんな辛い話を長くは書けないなぁと思いやめました。
 当初構成の名残りで、現在ノアとエリスは21歳設定。やや精神年齢が幼く見えるかもしれないです。当初は二部の為にもう少し若い設定だったのですよ……18歳位で。別れてる期間も二年位でした。正直当初の年齢でなくて良かったなぁと思ってます。(倫理的、道徳的に)

 長くなってしまいました。裏話、なんの需要も話す必要もなく。恥ずかしい限りです。

 それでは何卒、宜しくお願い致します。近日中に更新致します。

 追記:先日、Twitterとこちらの公開に合わせてイラストを描きました。告知イラスト風です。その際の『cock and bull……¡』のイラスト二点、既にサイト内のrkgkにて公開しております。
 あまり上手くないのと、ジャンル的な麗しいイメージを壊してしまうかもなイラストですのでその点だけご注意下さいませ。併せて良ろしかったらどうぞお願い致します。
2022/9/16(Thu)